先輩インタビュー
宮崎支社 葬祭ディレクター2013年入社

豊永 美千代Michiyo Toyonaga

悲しまれているご家族ために
自分ができることを精一杯頑張れる仕事

ファミーユに入社したきっかけは?

生前父が亡くなった時は家族だけで葬儀をしてほしい、と希望がありそのように葬儀をいたしました。ところが、実際に父が亡くなり家族だけで葬儀をしてみると親戚に手伝ってもらうばかりで、自分が葬儀について何もしてあげられなかったことがとても心残りでした。既に父は他界しましたが、人生の最後に誰もが迎える葬儀のことをもっと知っておきたいという気持ちがあり、家族葬をメインでやっている家族葬のファミーユにご縁があり入社しました。

現在の仕事について教えてください

現在は宮崎支社の葬祭ディレクターとして働いています。日々の来館対応、ホールの管理、お通夜・お葬式のときはご遺族やご親族の対応をさせていただいています。いつもは3人1組のチームとなって、アテンダント、セレモニースタッフ、フロアの役割を担います。私は現場を仕切る葬祭ディレクターとして、ご家族の意向に添ったご葬儀が円滑に運ぶように意識しています。

豊永 美千代

どんなときに、ファミーユらしさを感じますか?

お客様は「葬儀をしなければならないが、何をすればよいかまったくわからない…」と不安で一杯な状態で事前相談に来られる方がほとんどです。そうした方の不安を少しでも安心に変えられるよう、お客様の気持ちに本当に寄り添って親身にご相談させていただく事が、私の立場から見たファミーユらしさだと思います。ご家族ごとに背景があり、私の判断で返答できないことも時にはあります。そんなときでも社内で相談し臨機応変な対応がすぐに出来るように連携体制も確立しています。今後はその接客に磨きをかけて、おもてなしの家族葬のファミーユとしてお客様にご満足いただけるよう頑張っていきたいです。

これまでで印象に残っている仕事は?

最愛のご家族との別れを側で見るのは、とても寂しく悲しいものです。以前、お子様を亡くされたご家族のご葬儀をアテンダントとして担当させていただきましたが、今思い出しても涙が出てきます。私にも子どもがいますので、どうしても自分と重ね合わせてしまうことがあり、家族の絆の大切さを改めて感じさせられます。

仕事をする上で日々心掛けていることについて

お客様の中にはつらく寂しい思いで、現実を受け止めることが出来ないご家族もたくさんいらっしゃいます。仕事として機械的に対応するのではなく、最後のときをゆっくりと過ごしたいというご家族の機微を具に感じ、心に寄り添ってご家族のお世話をする、そんなやさしさを大切にして仕事をしたいと常に思っています。

これから入社する方へメッセージをお願いします

葬祭業が初めてという方は、自分に務まるかどうか、とても不安な気持ちだと思います。学ぶ姿勢を大切にしている方にはしっかりと教えてくださる先輩が沢山いますので、安心して入社してほしいと思います。

一覧を見る